スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝の240wパネルも魅力です

2012.02.29.Wed.21:50
東芝240w 4.8kwを勧めた県外の業者に話を聞きました!施工実績もあり平瓦の差込工法を写真を見せながら納得ある説明をしてくれました。施工では各工程ごとに実際に写真を撮って渡してくれるとのことです。

ただ、きちっとした施工をするので値引きは厳しいと…。

値引きの場合は施工業者の費用を削減することになると、先回りして釘を刺されました。これがちょっと気になりましたね!
IMGP5262a.jpg

スポンサーサイト

業者にじっくり聞きました

2012.02.28.Tue.23:08
太陽光発電を決めるかどうか、それは新築1年10ヶ月で屋根の保証がなくなることや雨漏りのリスク、高気密が壊れるのではないかという不安があって判断に迷いました!

そして地元の業者でSANYOを勧めたところに聞いてみました!垂木や野地板にビスを打ち防水シートを貫通するので雨漏りのリスクはないのか?答えはコーキングをしっかりやるので問題ないとの答え。

瓦に穴を開ける施工以外の方法を聞くと、差込工法で瓦の下に金具を差込み架台を取り付ける方法を勧めてきました!パネルが金具を設置した上に乗るのでコーキングと二重効果で雨漏りは心配ないとのこと。

でも大丈夫と言われても、そうですかと確信できる説明ではありませんでした。パネルが瓦の上に来るのは解るけど、勾配があるのでパネルの下を水が流れるし、施工した写真も見せられていないしねー。

結局、これならばという設置判断までに至らず、次に東芝製パネルを勧めた県外の業者に聞くことに…。





やっぱり不安は雨漏り

2012.02.27.Mon.22:17
見積もり時点で、訪問販売の価格が高いことや、25枚のパネルが設置できない可能性があることを知り訪問販売の業者と施工保証の不安がある三菱製パネル25枚の設置は却下しました。

そしてメーカー選定ですが、東芝の240w単結晶パネルも魅力であり、SANYOの実績や信頼も捨てがたい!

ならば、一番不安に思っている雨漏りについて説明を聞こう!つまりどういう施工をするかという問題です。

我家は新築2年足らず。瓦に穴を開けるアンカー方式はどうも不安です。他に良い方法はないのか!
東芝の4.8kwを勧めた県外の業者、SANYOのHIT 4.6kwを勧めた地元の業者にじっくり聞いてみました!

すると…。つづく。

ところで、すでに設置から2ヶ月以上過ぎた今日、発電の最高値27.5kw、売電22.4kwを記録しました!15時半に向かいのマンションの日陰になる我家なので今日の数値には驚きです!
IMGP5959.jpg

相見積もりと業者選び

2012.02.26.Sun.07:30
太陽光発電の売電価格が上がったとは言え、設置価格はかなりの金額になるので複数の業者に見積もり合わせをお願いしました!

この時点では「三菱のパネルで」4.75kwという条件にしました。訪問販売との価格比較のためです!

3社から連絡があり、家の図面の提出や現地調査の依頼があり、土日を使って話を聞くことに…。

そして2社が「SANYO製HIT230」や「東芝製240」パネルを勧めてきました。家の設計段階で聞いていた頃と発電性能がアップしていることや、「三菱」とのパネルの違いが良くわかりました!

しかも、その中の1社はパネル25枚はぎりぎり設置できるけど、メーカー保証外の施工になるとのこと。軒先から規定の設置距離が取れない施工についてきちんと説明してくれました。

そして見積もり…。
A社 三菱製190w×25枚 4.75kw 1kw単価 416800円

B社 東芝製240w×20枚 4.8kw  1kw単価 574000円

C社 三洋製230w×20枚 4.6kw  1kw単価 534700円

訪問 三菱製190w×25枚 4.75kw 1kw単価 547400円

さて、次は心配ごとがある施工について相談です!
DSCN5257.jpg

太陽光パネル設置のきっかけ

2012.02.25.Sat.11:52
はじめまして、ひこべ01です。
2011年12月11日に太陽光パネルを設置して、16日に連係が完了し発電を開始ました!

すでに2ヶ月間が過ぎていますが、太陽光発電の記録を整理しておくこと、これから設置を考えている方の参考になればと思いブログを立ち上げることにしました。

きっかけは2010年1月に家を新築したこと、切妻南向きの屋根に「太陽光パネル」を設置したら、節電になるかな~って単純に考えたからです。

それまでの古い家では、電気代が月3万円を超える時期もあり、ガス、灯油も使用していたので、オール電化住宅で、高気密・高断熱で新築したことも理由の1つです。

しかし、家の設計段階の2009年に太陽光の見積もりを取ってみると、やはり価格が高く住宅ローンも考えて1度断念しました。

ところが、2011年9月末に三菱の訪問販売が来て、一気に状況が変わりました!売電価格がアップしていたことや、パネルの価格が下がっていることなどを聞き、再度設置を検討することに…。
Dpaneru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。